チャクラとは?

  1. HOME
  2. シータθヒーリングとは
  3. チャクラとは?

Chakra : チャクラ 

Chakra : チャクラ 

人間のエネルギーセンターのことを「チャクラ」といい、

もともとはサンスクリット語の車輪・円を意味します。

これらは脊髄に沿って7つのチャクラが存在しているといわれています。

それぞれのチャクラ(エネルギーセンター)には

それぞれのエネルギーの質と色があります。

チャクラは、肉体の器官のように解剖して目に見えるわけではなく、

エネルギーとして感じることができます。

インドのヨギ(修行者)たちは修行の中、

実際にそれらのチャクラのエネルギーの動きを

見たり感じることができると言われています。

シータヒーリングでは、意識の変容のための実践的なガイドとして

チャクラのエネルギーを使います。

現在の最先端の物理学でも、

最終的にはすべてがエネルギーであるという理解に達しています。

そういう意味では人間をエネルギーとして見るヨギの見解は

理にかなっていると言えるでしょう。

7つのチャクラ

7つのチャクラ

  1=ムーラダーラ チャクラ(肛門)
  
  2=スヴァーディスタナ チャクラ(丹田)
  
  3=マニプラ チャクラ(みぞおち)
  
  4=アナハタラ チャクラ(胸)
  
  5=ビシュダ チャクラ(のど、甲状腺)
  
  6=アジナ チャクラ(眉間)
  
  7=サハスラーラ チャクラ(頭上)

第1チャクラ 赤

第1チャクラ 赤

このエネルギーセンターは、背骨の基底、骨盤の中心にあります。

第1チャクラはグランディングチャクラとも呼ばれ、

大地のエネルギーとのつながりを表します。

すべてのチャクラのサポートシステムで、

現実的と物質的な資質を持ち合わせてます。

「豊かさ」つまり、お金の扱いに対する実践的

アプローチに関わるチャクラでもあります。

このチャクラは、生存に関する恐怖、性的問題、

物質的、肉体的欲求、そして肉体的な活力に関連しています。

第1チャクラを鍛えることにより、直感的能力を身体に根付かせます。

第2チャクラ オレンジ

第2チャクラ オレンジ

このチャクラはへそのすぐ後ろあたり、丹田にあります。

このセンターは感性、感情、官能、快楽を提供します。

第2チャクラを鍛えることにより、

他人とのつながりや親密さ、

コミュニケーション能力を身体に根付かせます。

「一人である」または「他人と融合すること」

社会とのつながりや社交性、社会性の発達とも関連します。

関係性の問題、感情的また幼少時の問題、

情緒のバランスはこのチャクラに関係があります。

他人に依存する、あるいはものに依存する、

中毒や嗜好癖などがある人もこのチャクラを鍛えると良い効果が現れます。

第3チャクラ 黄色

第3チャクラ 黄色

第3チャクラは太陽神経叢の領域にあり、

別名「ソーラープレクサスチャクラ」と呼ばれています。

胃のあたりの領域であり、消化器官と関連します。

このエネルギーは個人の意志と力の感覚、

権力やパワーの問題、個人の人格形成、個性化と関係しているため、

過剰制御、挫折、支配、権力闘争、葛藤に関した問題のある人が

このチャクラを鍛えると良いでしょう。

第3チャクラを鍛えることにより、

自分がユニークな個人であることを主張するのを助けてくれたり、

霊的感覚が養えます。

第4チャクラ グリーン

第4チャクラ グリーン

第4チャクラは胸の中心にあり「ハートチャクラ」と呼ばれています。

愛、同情、受容、共感、慈愛は、ここで自然に発生します。

他のチャクラのエネルギーが変容して調和するのは、

このハートチャクラを介してです。

このチャクラが開くと自然と他のチャクラも開いていき、

全体のバランスがとれてきます。

第4チャクラは時空間的な広大なスペースへの入り口です。

ハートチャクラを鍛えると、何か大きな問題に直面した時でも、

平安を保つことが出来る様になります。

あるがままであること、許し、感謝、シンクロニシティ。

ハートセンターに関係する問題には、

愛を与え愛を受け取る能力と、自己受容があります。

第5チャクラ ブルー

第5チャクラ ブルー

第5チャクラは喉にあります。

このチャクラはコミュニケーション能力と自己表現、

自分の人生の創造に関係しています。

私たちの信念構造はこのチャクラにあり、

それが私たちの感情や考え方、人生への対処の仕方に影響します。

このチャクラの問題の中には、

選択肢が足りないという思い込み、

コミュニケーションと自己表現の困難、

創造性の妨害、考えすぎがあります。

第6チャクラ パープル(藍色)

第6チャクラ パープル(藍色)

このチャクラは額の眉間の内側にあり「第3の目」と呼ばれています。

私たちが人生の表面下にあって不明瞭なもの、

目に見えないものを見てとり、

自分と他人と人生の状況をあるがままに見て、

深く洞察する明晰性と視力を持つのはこのチャクラによります。

直感、透視をする時、オーラを見る時にこのチャクラを使います。

このチャクラの問題のなかには、

視野狭窄、非明晰性、過剰な白昼夢と空想癖があります。

第7チャクラ ホワイト(パープル)

第7チャクラ ホワイト(パープル)

第7チャクラは頭のてっぺんから5cm程上のあたりにあり

「クラウンチャクラ」と呼ばれています。

このチャクラによって私たちは高次のエネルギーとつながります。

それは全体との一体感を与え、人格を超えた存在の感覚を与えます。

このチャクラの問題は、生命からの分離感と疎外感です。

このチャクラを鍛えることにより、

ハイヤーセルフや高次のエネルギーとの交流が可能になると言われています。

Tue, 15 May 2012 17:29:00 +0900